【うそ?】ヒアロディープパッチが肝斑にも効果アリ!噂の真相

大人気のヒアロディープパッチで肝斑は消せるのでしょうか?ヒアロディープパッチで肝斑は消えるのか、調べてみました。

 

 

肝斑は、主に女性ホルモンの減少や乱れが原因でできると言われていて、30代〜40代の女性に多く見られます。
頬や額などにもやもやした淡い茶色のシミが左右対称にできるのが特長です。
ヒアロディープパッチは、治療で処方される外用薬と同じような働きをする成分が配合されているので、肝斑にも効果が期待できると言えます。

 

 

<肝斑について>
・肝斑(かんぱん)とは
シミというと、円形だったり、輪郭がはっきりしていたり、ポツンと1つできるイメージがありませんか。
シミにはいろんな種類があります。

 

そのうちの1つ、”肝斑(かんぱん)”は、顔の頬や額などに左右対象にできる薄茶色のシミのことです。
30代〜40代の女性に多くみられます。

 

頬の高い位置に、目尻の下あたりに、もやもやっと広範囲に淡い茶色いシミができて、それが左右対称なら、そのシミは、肝斑の可能性が高いです。

 

 

・肝斑の原因
はっきりとした原因はわかっていません。
ただし、男性より女性の方が圧倒的に多く、女性ホルモンが減少する30代後半から更年期にかけて、もしくは妊娠中やピルを服用したときに多く見られることから、女性ホルモンが関係しているだろうと言われています。

 

”肝斑”という言葉を見たときに、「何か肝臓の疾患からくる肌のシミなのか。」と思ってしまったのですが、そうではなく、女性ホルモンの減少や乱れが原因のようです。

 

・閉経後は改善される
閉経後は女性ホルモンのバランスが安定するため、肝斑の症状は悪化しにくくなります。
人によっては薄くなることもあります。

 

シミって、年齢とともに悪化していくばかりなイメージでしたが、こと肝斑に関しては、閉経すれば薄くなる望みがあるのですね。

 

 

<治療法>
肝斑の治療法は、内服薬、外用薬、レーザートーニングです。
内服薬としては、ビタミンCやトラネミサム酸が主に処方されます。
症状によって、外用薬のハイドロキノンやトレチノインなどが、内服薬と一緒に処方されることもあります。

 

・ハイドロキノン
シミの原因のメラニンの産生を抑え、メラニンを作り出す細胞(メラノサイト)を減少させる働きをする成分です。
副作用の危険があるため、使用するには注意が必要です。

 

・トレチノイン
ビタミンA誘導体で、細胞のターンオーバを促す働きがあります。
刺激が強く、かぶれなどの副反応が強くあらわれることがあります。

 

 

<ヒアロディープパッチは効果があるのか>
ヒアロディープパッチには、高濃度のプラセンタエキスが配合されています。
このプラセンタは、メラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを促す働きがあります。
効果の強さの差はありますが、治療で処方される外用薬と同じような働きをする成分が、ヒアロディープパッチには配合されているのです。

 

治療で処方されるハイドロキノンとトレチノインは、効果が強い分副作用もあるようです。
その点、ヒアロディープパッチに配合されているプラセンタに副作用はないと言われています。

 

 

ヒアロディープパッチに配合されているプラセンタは、 肝斑の治療で処方される外用薬と同じような働きをしますので、ヒアロディープパッチは肝斑に効果があると言えます。
メラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを促してくれるのです。

 

肝斑は治療が難しく、長期的な治療が必要だと言われています。
ヒアロディープパッチで手軽に肝斑をケアすることができるなら、嬉しいですよね。

 

 

コラム

 

<悪化させないために>
肝斑の直接的な原因ではありませんが、避けた方が良いことがあります。

 

・肌の大敵、紫外線
シミの原因になる紫外線は、肝斑の症状も悪化させたり、再発してしまいます。
悪化させないためにも、紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

 

・刺激を与える
手でよく触ったり、ゴシゴシと顔を洗ったり、強くマッサージするなどして、肌に過度な刺激を与えると、症状が悪化する恐れがあります。

 

気になるから、と過度に洗顔したり触ったりしないように気をつけましょう。

 

・ストレス
ストレスを溜めることは、体調にもよくありませんが、肝斑にもよくありません。
ストレスは女性ホルモンのバランスも崩してしまいますので、ストレスは溜めずに発散するようにしましょう。